電子道路占用協議・申請システムサービス(道路占用に関する協議・申請サービス)」のご利用に当たりましては、下記の利用・運用規約に同意されることを前提にしています。 本規約に加えて、各自治体の道路管理者の運用ルールにも承諾いただく必要があります。 ご利用の前に必ず確認してください。

※操作説明書は、ダウンロードしてご使用願います。(操作手順書ダウンロードページへ )

利用・運用規約(案)

本システムを利用する方は、本規約の内容をご承諾いただいたものとみなします。本規約の内容は、必要に応じて変更することがございますが、その都度ご連絡はいたしかねますので、ご利用の際には、本ページに掲載されております最新の利用・運用規約をご覧ください。

1.目的
この規約は、GIS大縮尺空間データ官民共有化推進協議会における「電子道路占用協議・申請システムサービス 」の利用及び運用に関し、必要な事項を定めるものとする。

2.用語の定義
この規約において次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
(1) 利用者       : 電子道路占用協議・申請システムのサービスをご利用する者
(2) システム管理者 : 当サービスを運営・管理する者((一社)大阪府測量設計業協会、支援グループ)
(3) 運用主体       : (一社)大阪府測量設計業協会

3.提供するサービスについて
「電子道路占用協議・申請システムサービス」をご利用になる場合には、インターネットを利用していただく必要があります。利用者のみなさまには、自らの責任と費用で必要な機器やソフトウェア、通信手段等をご用意いただき、それらを適切に設置、操作いただく必要があります。システム管理者は、利用者のみなさまが正しい手段をもって各種サービスにアクセスすることを許諾し、満足の高いサービスになるよう努力しておりますが、完全なサービスを保証しておりません。

4.規約への同意
利用者は、当サービスに参加している自治体の条例、規則及びこの規約の内容に同意しているものとみなします。利用者は、本規約に加えて、各自治体の道路管理者の運用ルールにも承諾いただく必要があります。

5.ユーザ登録
「電子道路占用協議・申請システムサービス」をご利用いただくには、本サービスに参加している各自治体の道路管理者から申込書を入手し、必要事項を記入した後、 道路管理者の承諾を得てください。道路管理者の承諾を得た申込書を基にして ユーザ登録を行います。ユーザ登録にあたり次の条件をお守りください。
・利用端末には最新のウィルスチェックプログラムを導入してください。

6.プライバシーの考え方
当ホームページの「プライバシー」のを事項を参照してください。

7.ID ならびにパスワードの管理
ユーザID  : 利用組織ごとにひとつのIDを提供します。
パスワード  : 各自で適切な管理をしてください。
パスワードを忘れた場合は、システム管理者にお問い合わせください。

8. 利用者の責務
サービスの利用(使用)は、利用者ご自身の責任において行っていただきます。システム管理者 はサービス内容、提供の状態、 アクセスの可能性、使用の状態については一切保証しておりません。 サービスを利用してダウンロード等の方法で入手するすべてのものは、ダウンロード等を行うことを含めて 利用者ご自身の責任で行っていただきます。 リスクは利用者ご自身が負担することになりますので、これらの行為の結果生じる損害については、利用者がすべて責任を負います。

9.システム管理者に対する補償
システム管理者は、システムの利用、その他各種地図の利用によって発生する直接または間接の損失、損害等について、いかなる場合にも一切の責任を負いません。

10.サービスの利用に関する制約
システム管理者は、データ更新や保守あるいは緊急事態などの発生した場合などには、サービスの一部または全部を中断することがあります。システム管理者は、本サービスの停止により利用者等に損害が生じても何らの責任を負わない。

11.サービス内容の変更等
サービス内容は、機能の改良や社会環境の変化等に伴い、予告なく変更する場合があります。また、システム管理者が本サービス終了と判断した場合には、本サービスの提供を終了可能とします。

12.登録 利用者ID 等の削除
道路占用協議・申請業務の電子化の趣旨に違反し、設備管理者から当サービスを利用している者の運用ルールの違反に関する連絡があった場合、又は、利用規約の精神に照らして不適切な行為を行ったとシステム管理者が判断した場合などは、システム管理者自身の裁量で利用者IDの削除を行います。

13.知的財産権
本サイト及びコンテンツの著作権は、特に記載のない限りシステム管理者に帰属し、各国の著作権法・各種条約及びその他の法律で保護されています。

14.送信されたコンテンツ(地図、図面、設備情報など)について
当サービスにより提供される各種地図データの精度向上に努めていますが、完全なる正確性、実際との合致を保証するものではありません。 そして、道路占用に関連する協議・申請業務の範囲を越えて、コンテンツを使用(複製・改変・転用・転載・電磁的加工・送信・頒布・二次的使用、その他これらに類する全ての行為を含む)をすることを禁止します。 送信されたコンテンツは送信者が知的財産権(著作権、商標権等)を有しています。

15.システム障害等の対応
システムの障害等により当サービスが利用できない場合には、参加している道路管理者の判断により、従来通りの協議・申請を行うことができる。従来通りの方法に変更する場合は、利用者のみなさまに直接電話、ファックス等の方法で連絡するものとする。

16.賠償責任の制限
利用者は、サービスに起因または関連して生じた一切の損害について、システム管理者が賠償責任を負わないことに同意します。

17.準拠法、裁判管轄
本規約の準拠法は日本法とします。また、サービスまたは本規約に関連して「システム管理者」 と 利用者の間で生じた紛争については 大阪地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

18.規約の改正
本規約の内容は、必要に応じて変更することがあります。この変更はホームページでの告知とさせていただき、利用者のみなさまに直接ご連絡することは行いません。ご利用の際には最新の利用規約を確認いただけるようお願いいたします。

19.細則
本規約に定めるものの他、必要な事項については、システム管理者が別途定める場合があります。

20.補則
電子道路占用協議・申請システムサービスの利用料は、GIS大縮尺空間データ官民共有化推進協議会によって、別途定められます。