2013/10/29 
場所 : 関西大学うめきたラボラトリ 
内容 ・ 道路規制情報登録・閲覧システムを岸和田土木事務所において運用することを決定しました。
災害情報共有システムは引き続き、岸和田土木事務所の防災訓練で利用し、システムに求められる要求事項の整理を行います。

勉強会のテーマに、「地域防災マップの作成」を追加しました。
当面、下記の取り組みを行う予定です。
・現場での取り組み事例の調査(関西大学の学生さん)
・モバイル環境でのデータ入力システムの試作

続きを読む: 岸和田土木事務所との勉強会

支援グループでは、「土木事務所や道路管理者向け日常業務での活動や情報共有のためのプラットホーム」の構築を目指しています。このホームヘージの中で、会員制のページを作成して、土木事務所や道路管理者向けの情報交換、情報提供の場を提供する予定です。
プラットホームには、WebGISを活用しており、国土交通省 国土地理院、国土政策局等の公開されているデータを活用して、システムを構築しています。
国土地理院発行の数値地図(国土基本情報)電子国土基本図(地名情報)及び基盤地図情報は、国土地理院長の承認を得て使用しています。(承認番号 平25情使 第239号)

(利用しているデータは、下記の表を参照してください)

続きを読む: 国等のデータの活用

岸和田土木事務所での風水害訓練でシステムを利用していただきました。 前回よりも反響・意見があったそうです。 関西大学の窪田研究室のメンバーがデータ作成等の支援をしてくれました。